資格と就職

ネイリストの資格って?

ネイリスト技能検定試験

スクールイメージ最も有名な試験が、一般財団法人日本ネイリスト検定試験センター(JNEC)主催の「ネイリスト技能検定試験」です。この試験は1~3級に分かれていています。

1級は国際ライセンスと同等レベルで、理論の理解やネイル技術が申し分なく、プロとしてサロンで活躍できるレベルであることが合格基準となります。

2級はサロンなどに入って働ける技術レベルで、ネイルケア、チップ&ラップ、アートをサロンワークで実践できることが合格基準です。

3級は初級レベルで、ネイルケアの手順が正しく行えることが合格基準になります。

JNAジェルネイル技能検定試験

近年、ジェルネイルの普及がめざましく、ジェルネイルをされるお客さまも急激に増えました。ネイルに興味を持たれるお客様が増えることは大変喜ばしいことではありますが、一方で、ジェルネイルでのネイルトラブルもよく耳にするようになってきました。そこで、ジェルに関する新たな知識&技術レベルを確認できるJNA主催で「JNAジェルネイル技能検定試験」が開始となりました。

初級は、ジェルネイルに関する基礎レベルを持ち、カラーリングの基本を行えることが合格基準。

中級では、ジェルオフ、グラデーションカラーリング、短いスカルプチュアをサロンワークで実践できるレベルであることが合格基準です。

上級ではネイルケアとカラーリング、ジェルスカルプチュアをプロレベルで行えることが合格基準となります。

ネイルサロン衛生管理士

NPO法人日本ネイリスト協会(以下JNA)では、JNAが制定した「ネイルサロンにおける衛生管理自主基準」を普及し、ネイルサロンの現場で正しく活用していただくために「ネイルサロン衛生管理士」資格制度を設けています。JNA認定校で実施される講習会を受講し、確記テスト(筆記)に合格した方に本資格を付与されます。

資格取得者には、認定証と資格バッジが授与されます。本資格の有効期限は取得年を含む3年目の12月末日までとし、資格継続手続きにより3年間毎に延長できます。

JNA認定講師

JNA認定講師とは、毎年実施される資格試験に合格することにより、与えられる資格です。
JNA認定講師は、日本ネイリスト協会の講師会のメンバーとして広い志を持ちネイルの普及と発展に努め、イベント実行委員、検定試験の試験官、コンテストの審査員、各セミナーを担当して自らの意思により活動し貢献しています。受験するには、JNA認定校を卒業し、ネイリスト技能検定試験すべての級、JNAジェルネイル技能検定試験すべての級とネイルサロン衛生管理士の資格を取得し、ネイルサロンでの実務経験1年以上が必要となります。
*JNA認定校以外を卒業の方は、JNA認定校の卒業資格が必要となります。

資格がないとネイリストになれない?

ディプロマイメージ実はネイリストになるのに絶対にネイリスト検定資格を取得しないといけない!ということはありません。

ネイリストの資格は、国家資格ではなく、あくまで「民間資格」ですので、極端に言えば、明日にでも「私はネイリストです」と宣言すれば、法律的に問題なくネイリストになれます。

ですが、もちろんそんな方はいませんし、あくまでも法律上そういう解釈ができるということです。

就職にはどの資格が必要?

サロンイメージ当校に来るネイルサロンの求人募集は、ネイリスト技能検定2級以上+JNAジェルネイル初級以上を取得していることを条件にしているところが殆どです。ネイルサロンへの就職を希望しているなら最低でもネイリスト技能検定資格2級は取得しておいた方が就職に有利です。ネイリストの資格(ネイリスト技能検定、JNAジェルネイル技能検定)は、ネイリストとしての実力の証明のようなもので、やはりネイルの職場で働くためには必要不可欠な資格になってきています。