この度、Be creation NAIL ACADEMYは、従来のプロ本科を新たなカリキュラムに変更することになりました。

現在、ほとんどのスクールのカリキュラムは検定取得を目的としています。当校でも3級免除がなくなりジェル検定が登場したころから、検定取得を目的を主としたカリキュラムで授業を行ってまいりました。
ですが、現状はというと検定の内容とサロンワークスタイルとは異なる部分が多く、ネイルサロンへ就職しても即戦力となることは難しく、また、すぐにサロンワークに出ることができてもスクールとのギャップについていけない方も少なくありません。

これは、実際にあったことですが、サロンの就職の応募の際、履歴書に書かれていた資格は、JNEC1級、ジェル検定上級。当然、履歴書通過し面接となったのですが、面接でお話を聞いていると、「お母さん以外の人の手にネイルをしたことがないんです。」といわれたのです。
私は愕然としました。これでは、ペーパードライバーならぬペーパーネイリストです。
しかし、今のままでは当校もまたペーパーネイリストを輩出することになるでは、、と危機感を感じ、講師達と何度も話し合いを重ねた結果、以前のようにサロンワーク重視型のカリキュラムに変更することになりました。

 サロンワークと検定試験は、まったく違います。検定で基礎を身に付けることは可能ですが、サロンワークで必要な時間内にお客様の要望に応え施術する技術や接客術は検定だけでは身に付きません。そこでBe creation NAIL ACADEMYでは、新たなカリキュラムに移行することにしました。

サロンワークマスタープログラムでは現場に出て困らない、即戦力となる本当の意味でのプロのネイリストとして活躍していただけるようにカリキュラムを組んでいます。これは直営サロンを持っているからこそ出来るプログラムでもあります。

ネイリストは、長時間お客様と手を繋ぎ近距離での施術と施したものが長期間残る美容の中でも独特な仕事です。(メイクやヘアはお風呂に入ればなくなります)
技術、マナー、接遇、営業、ひいては人間力、どれもバランスがとれていないといけないのです。
ですから、より学び、より成長し、より輝き、 お客様もあなたもネイルによって幸せになることがネイリストの使命だと私たちは感じています。

「検定取得は、その実力を示す一つ」と位置づけし、サロンワークマスタープログラム終了後、受験希望の方には、専科という形でサポートさせていただきますのでご安心ください。

 Be creation NAIL ACADEMY     代表 田中由美

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする